一生健康を貫くブログ!

いつも通っていた内科の先生から言われたこと

私は、大阪の内科のかかりつけ医がいたのですが院内はいつも混雑していた事と勤務先のすぐそばに新しい開業医ができたこともあり通院する病院を変えたんです。

その、新しくできたクリニックはとてもキレイで清潔な感じでした。

先生の診察時間が短いせいなのか待合室が混みあっていても1時間もかからないうちの診療してもらえたので風邪でツライ時などは大変助かっていたんです。

しかし、その先生は患者の顔を数秒しか見ずに診察し検査やレントゲンなどに回されるので多少不安もありながら通院していました。

そのクリニックは内科と皮膚科も診療していたので、皮膚にトラブルがあった時に相談したんです。

すると先生は「そんなところにそんなトラブルは起きるはずがない」と皮膚の状態も見ないで診断されたことで通院をやめました。診療時間も夜の6時までで5時半まで受付だったので仕事が終わったあとにすぐ行くと5時半前なのに玄関は閉められていたりしたんです。
玄関前から声をかけて診てもらえましたが迷惑そうな顔をされたので信頼出来ませんでした。

結局、元の大阪のかかりつけ医の内科に戻しました。
相変わらず混雑はしていますが、対応は雲泥の差なので、戻して正解です。
かかりつけ医の内科がいかにいい病院だったか再認識できました。
来月から大阪の訪問診療も受け付けているので祖父母もお世話になる予定です。