一生健康を貫くブログ!

ある内科の医者に行ったときのこと

数年前のことです。喉の痛みが数日続き、熱もあったので風邪だと思い医者には行かなかったのですが、熱がおさまっても、喉の痛みが和らぐどころか酷くなったので、近所の平野区の内科の女医さんにいきました。

はじめていく、病院だったことと、喉の痛みで気力もなくやっとの思いで行ったのにも関わらず、診察もろくにせず、他の病院を紹介され行くように言われました。その理由も言われなかったので、すごく疑問を感じたまま、なにもしてもらってないのに、診察料金もしっかりとられました。

紹介された病院は電車で行くところで、結局は具合が悪いのでそこに行きました。大きな病院だったので、きちんと診てもらえて、薬もしっかりでました。病名は扁桃炎でした。もう少し遅かったら、入院だったと先生がおっしゃってました。

いま、考えれば、重症なので、自分の手に負えないと考えた女医さんが取った手段なのかもしれませんが、きちんと説明いただけたらなと痛切に感じた経験です。
現在、看護師でリクルート活動中の友人も今まで働いた職場でも、病院の先生によって説明をきっちりすることを徹底している病院もあるし、余計な説明はしなくていいと言われる病院もあったそうです。その余計なことで患者は大分安心できるのになぁと思いました。