一生健康を貫くブログ!

病院へ行かずに受診できる往診は、高齢者にピッタリ!

高齢の両親が大阪で往診を受けています。
父は循環器系の疾患で入院していました。
退院後は自宅で療養していますが、病院へ行く体力はありません。
幸い、自宅の近くの大阪で在宅医療(往診)専門のクリニックを見つけました。
医師と看護士さんが二週間に一度の頻度で往診してくれます。

往診の計画表を月ごとに作成してくれるので安心して受診でき、とても助かります。
可動式のレントゲン機器などを使用し、かなり精度の高い検査も可能です。
また、歯科医の往診も受けています。高齢になると唾液が減少するので、口腔内の衛生管理が難しくなると聞きました。口腔内の細菌は「誤えん性肺炎の原因」となる場合も多く、深刻な問題です。歯科衛生士さんが口腔内を丁寧に清掃してくれます。
また高齢者は、咽喉の筋肉の力が衰えるため、食べ物が飲み込みにくくなったりします。
そうした状態を予防・改善するため、舌や咽喉のリハビリ運動を指導してくれます。
他にも嚥下食の指導や栄養についてのアドバイスを管理栄養士の先生や言語聴覚士の先生が相談に乗りながらしてくれるのがとてもありがたいです。

後で往診ではなく、訪問診療というのだと看護師さんにききました。
関西での訪問診療は、「高齢者の快適生活」に欠かすことのできない意義のある医療サービスと言えます。