一生健康を貫くブログ!

どこの病院か一瞬わかりませんでした

私は一人で街に出て、100円ショップで買い物をしていたのです。するとどうしたことか、突然気絶してしまって、ワイングラスの棚をひっくり返して、床に倒れてしまったのです。すぐに店員さんが来てくれて、ベンチで休ませてくれましたが、救急車を呼びましょうということで、救急車が来ました。

そして、どこに住んでいるのか聞かれたのでそれに答えたら、病院は住んでいるところに近い方がいいだろうということで、かかりつけ医の大阪の病院に連れて行かれました。

病院では頭を打っていたので、頭部のCTスキャンを撮ったり、心電図をとったり、血液検査をされたりしました。病院では気絶した原因がわからないということでした。私もわからなかったので、なぜ突然気絶したのか謎でした。一つだけ低血糖というのが出ていて、それかもしれないと言われ、糖分を摂取させられ、具合も回復してきたので、帰宅することになりました。自分がどこの病院にいるのかその時はさっぱりわかりませんでした。

しばらく迷っていたのですが、そのままにしておくのも怖いので
大阪の病院を予約して精密検査をしてもらいました。
祖父母が神戸と大阪の訪問診療をそれぞれ受けているので、往診に来てくれる看護師さんに教えてもらった病院です。
リクルート活動中の看護師の友人も知っている病院だったので縁だと思い、精密検査に行きました。すごく丁寧に対応してくれて、説明もしっかりしてくれたので行って安心できました。